公益財団法人 大林財団

東日本大震災への取り組み

3.11 東日本大震災以降の「日本の整合性の取れた発展」についての提言原稿一覧

当財団の財産である助成事業に参加された研究者の数は、財団の創設以来12年間で延べ400人に達します。今回の東日本大震災により、被災地のみならず、日本全体が様々な問題に直面し始めていますが、当財団としては、研究者の方々の意見が、今後の復興を進める時、何らかの役に立つものと考えます。
今般大震災以後の「日本の整合性の取れた発展」をテーマとした提言を一部の研究者から頂きましたので、字句を変えずに掲載いたします。財団としては、提言の流れを大きなものとし、講演会やシンポジウムのような形に繋げたいと考えております。

平成23年7月1日
公益財団法人 大林財団

提言一覧(第二弾)

平成23年9月2日
※氏名五十音順で掲載

坂本 淳
「公共事業の評価手法の抜本的見直しと国民理解の浸透を」
岐阜工業高等専門学校 環境都市工学科
助教授 坂本 淳
助成採択年度:平成21年度
助成種類:奨励研究
澤田 誠二
団地再生ノウハウの住宅復興への適用
明治大学 理工学部 建築学科 構法計画研究室
教授 澤田 誠二
助成採択年度:平成18年度
助成種類:研究助成
田中 正史
「日本の整合性の取れた発展」 -エンジニアリングの用い方-
岐阜工業高等専門学校
助教授 田中 正史
助成採択年度:平成20年度
助成種類:奨励研究

提言一覧(第一弾)

平成23年7月1日
※氏名五十音順で掲載

青木 俊明
環境配慮時代における日本再生の道:道徳意識の向上
東北工業大学 経営コミュニケーション学科
准教授 青木 俊明
助成採択年度:平成22年度
助成種類:国際交流
高見沢 実
大震災以後の「日本の整合性の取れた発展」
横浜国立大学大学院 都市イノベーション研究院 都市イノベーション部門
教授 高見沢 実
助成採択年度:平成20年度
助成種類:研究助成
長井 宏平
提言原稿
東京大学 工学系研究科 社会基盤学専攻
特任講師 長井 宏平
助成採択年度:平成22年度
助成種類:研究助成
樋山 恭助
提言原稿
東京大学 生産技術研究所
助教 樋山 恭助
助成採択年度:平成22年度
助成種類:国際交流
平塚 彰
名水と俳句-山頭火俳句添え「暮らし方再考」-
大阪産業大学 工学部都市創造工学科
准教授 平塚 彰
助成採択年度:平成20年度
助成種類:国際交流
増田 幸宏
「レジリエンスの高い」地域社会の構築に向けて
豊橋技術科学大学大学院 工学研究科 建築・都市システム学系
准教授 増田 幸宏
助成採択年度:平成21年度
助成種類:研究助成
松山 洋
日本が再生するために必要なものは何か
首都大学東京 都市環境科学研究科 地理環境学域
准教授 松山 洋
助成採択年度:平成21年度
助成種類:国際交流
山家 京子
人口縮小時代の都市ビジョンと震災復興
神奈川大学 工学部建築学科
教授 山家 京子
助成採択年度:平成20年度
助成種類:国際会議
横内 憲久
「沿岸域総合管理」のため地方自治体固有の海の制定を
日本大学 理工学部 建築学科
教授 横内 憲久
助成採択年度:平成22年度
助成種類:研究助成
横田 隆司
提言原稿
大阪大学 工学研究科 地球総合工学専攻 建築・都市デザイン学講座
教授 横田 隆司
助成採択年度:平成20年度
助成種類:研究助成
吉田 敏
震災以後の「日本の整合性の取れた発展」について
首都大学東京 産業技術大学院大学 産業技術研究科
教授 吉田 敏
助成採択年度:平成19年度
助成種類:研究助成
吉田 雅史
日本の整合性の取れた発展への提言 誠実な相互理解のある復興計画
東京大学大学院 工学系研究科 建築学専攻
修士課程 吉田 雅史
助成採択年度:平成22年度
助成種類:在外実務

ページの先頭へ